北区天満の鈴井クリニック

設備紹介FACILITY INFORMATION

「つらい、苦しい」内視鏡検査を最新の装置で可能な限り快適に

最近、食事時間の変化や日頃の多忙な毎日で、げっぷや胸やけ、胃のもたれなどの症状を訴えられる方が増えております。逆流性食道炎も増加し、ピロリ胃炎も増えております。
バリウム胃健診だけではこれらの診断は困難で少しでも症状があれば検査をお受けください。反射が強かった方にもできるだけ苦痛の少ない検査をめざしております。

また、食生活の変化から大腸疾患が増加中。でも大腸の検査はつらいというイメージで精密検査を避けた結果、大腸がんを進行させてしまうことが少なくありません。
血便、長引く腹痛、排便異常などを自覚したときは、積極的に検査を受けましょう。

経験症例数:胃内視鏡約43,000例・大腸内視鏡約10,500例

最新のNBIシステム内視鏡

最新内視鏡

高画質・細径のスコープで的確、迅速に診断

胃内視鏡はNBIシステム採用。大腸内視鏡も備え、大腸がんのスクリーニング検査も行っています。

内視鏡消毒装置で、感染もシャットアウト

オゾン内視鏡消毒システムにより短時間で内視鏡スコープを洗浄。安心して検査を受けていただけます。

リカバリールーム設置

リカバリールーム

ゆったりと覚醒できるリカバリールーム

ゆったりと覚醒できるリカバリールーム
鎮静剤投与の検査後は、身体が回復するまでリクライニングチェアーでおくつろぎください。